読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想

これから生まれてくる人間一人一人の自伝を作る事を義務付けてみたらどうか。

マイナンバーならぬ、マイ自伝。

 

長い人生の中どんな人間に出会うか分からない訳で、当然ながら安全な人間や危険な人間もいる。

 

そんな時にその人の自伝的なモノがあったらとても便利なんじゃ無いかと。

名刺がわりにお互い交換したらコミュケーションが取りやすくなり色々円滑に進むんじゃ無いかと。

 

人生で大きな成功や失敗をした人の自伝を見せてもらって、どこが分岐点なのか?とかも知ることが出来るしね。

 

ただルールが一つだけあって、話を盛ったり嘘をついたら重罪とかね。

その事が国中に晒されて、自分の自伝に色濃く載り、黒歴史として残って末代まで受け継がれるみたいな。

 

ご先祖様はね、経歴詐欺で全国に晒されたのよ。そんなツマラナイ事で晒し者よ。あなたは絶対そんな事しちゃダメよ。嘘偽りのない人生を送りなさい。

みたいに教訓になったり。笑

 

後はあれか、めんどくさがって書かなかったり、適当に書いたりしても重罪。

でもこれは文字数を最低何文字〜ってやれば問題ないか。

 

ここまで書いてハッと気付いたのだが、 自伝だと長ったらしいからウィキペディアでえーやん。

一人一人にウィキペディアを強制で作るの。

 

生まれてから今現在までの経歴がざっくりと書いてあるやつ。

理想は生まれてからの方が全て自動で更新されていくシステムが良いなぁ( ³ω³  )

 

でも、妄想はやはり妄想な訳で、現実的に出来そうなやつを考えたら日記になるんだろうなぁ。でも日記だと誰かに見せるのは恥ずかしいか( ³ω³  )

 

って妄想。こーゆー所から突拍子もないアイデアって生まれる気がする。

 

 

 

最近イライラとストレスが止まらない。(普段ならここで矢沢永吉の止まらないha〜haをパロったりするのだが、それすらする余裕が無いのである)

 

書いてみるとちっぽけな事にみえるかもだが、本人はとてつもなくストレスを感じている。

 

とにかく理不尽な事をババーっと言われまくって憤慨してるのだ。ババーっと言われて。ババーっと。

大きい事でもなかなかストレス感じてるのに、小さいな事でもバッチバチにストレスを与えてくるから困ったもんだ。

 

会社で、お昼に楽しみにしていた蒙古タンメン中本(辛いラーメン)のカップラーメンを食べようとしたらネズミにカジられてるし。

 

鼻炎なんでティッシュないと生きられないのだが、鼻をかもうとティッシュを取ったら謎に繋がったままだし。

 

また違う日のお昼に、たまには外で食べようかと近くのラーメン屋に行って注文したらありえない量のラーメンが出てきたり。

 

財布落とすし。(後に見つかる)

 

携帯無くすし。(後に見つかる)

 

 

 

 

あーしょっぱい。

 

 

 

 

 

あ、写真載っけときますね。

f:id:danny_danny:20170324232615j:image

 

f:id:danny_danny:20170324232619j:image

 

f:id:danny_danny:20170324233114p:image

 

 

蒙古タンメンは辛いからなのか、ちょこっとカジってあっただけでした。せめてもう少し食った形跡残せや…

※3枚目はイメージ画像です。

思う事

最近2人の知人が病気になったらしい。

平たく言うと普通の病気ではない、変な病気だ。

直接的に言うと、あまり使いたくない表現なのだが、難病というやつだ。

 

ゆくゆく困難になるパターンらしく、現状はまだ症状も普通らしいし、ぶっちゃけよくわかっていない。

 

けど、難病濃厚らしい。二人とも。

 

いきなり難病が発覚する気持ちってどんな気持ちなんだろうな。

 

日常が非日常になるのかな?

 

日常が徐々に非日常になっていくのかな?

 

でもまぁ思うことは、俺は病気だからどーのこーの、病気があーだこーだ、みたいに病気に逃げないで欲しいなぁ。

 

立ち向かって欲しいなぁ。

 

と思った話。

 

それでも生きていかざるを得ない

自分がどうであれ世の中は回っている。

 

知らん顔して回っている。

 

ある者は喜しい日であり、

 

またある者は悲しい日であり、

 

またまたある者はとても憂鬱な日だろう。

 

今日も今日とてあらゆる感情が犇く。

 

俺の今日は、カミソリの刃が一歩歩くごとに身体に食い込むような一日でしょう。

 

それでも生きていかざるを得ないのだ。。

うわーなってぶわーなって

色々なった。

春ですね。僕は色々不安ですよ。とても。

結局逃げに走ってしまうんだ。弱い弱い弱い弱い弱い。

あー!マジでやめよう。期待値をつめない行動は、マジでやめよう。

ノルマをマジで達成出来るよう頑張ります。

結果出さないとダメだから。カスだから。今の俺は。

自己嫌悪。ひっさびさに深い深い自己嫌悪。

普通って言葉の意味。

普通って言葉の意味をずっと考えている。

 

思えば初めて普通という言葉を意識した話がある。高校生の時、進路の話を親にした時だ。

自分は当時から音楽が好きで、ギターを弾いていた。

必然的に将来は音楽の専門学校に行くものだと思っていた。(今思うと笑ってしまう話なのだが当時は本気でプロのミュージシャン、ギタリストを目指していた)

密かな想いをずっと胸に秘めつつ、とうとう打ち明ける時が来たのだ。

 

俺、音楽の専門学校行きたいわ。音楽で食って行きてー。

 

ダメよ。そんな所。成功するかも分からないし、将来何にも身にならないじゃない。

 

だって他にしたい事ないし。

 

みんなと一緒に普通に大学行ったり、せめて普通の暮らしをしてちょうだい。

 

やだよ。普通なんてつまんねーしダセーじゃん。

 

何行ってるの?普通が一番難しいのよ。

 

 

みたいな会話をしたのを覚えている。

 

普通の暮らし。普通の進学。

 

ってナニ?って感じだった。

 

俺の考えは普通じゃないの?って常々思っていたが、一人で物事を変えるほどの力はその当時は無かったのであえなく潰された。

結局自分の願望は全親戚中から否定され、行きたくもない大学へと進学するのである。今思えばここが人生の分かれ道だったと思うが。
その後は可もなく不可もない大学生活へと進んで行くのだが、それはまた別の話。

 

型にハメたがる親だったので、きっと親の言う普通の意味は型にハマるって事なのかもしれない。

ただ、ハッと閃いた事がある。

普通という言葉は場面で変わる、成長する言葉なのかもしれない。

一人一人で普通という言葉の概念は違うんだけども、その場その場で変わる言葉だ。

つまり、自分がしたい事、叶ってほしい事=普通って話。

 

高校生の頃の自分の普通って概念は、普通に専門学校に行く事。

 

その当時の親の普通の概念は、普通に大学出て普通の暮らしをして欲しい。

 

今の自分の普通の概念は、幸せになりたい。

 

こう見ると普通という言葉のつじつまが合うように見えないかい?

 

焦りも何もなく、やりたい事をやれて、幸せな事が普通なんだろうなー。と。

 

れいま気付いた。

 

ワンピースで例えると、グランドラインの激しい航路の先にひとつなぎの財宝、ワンピース=普通が待っているんだと思う。

 

結論、ワンピース=普通って事だ。

 

ルフィ達だって今は荒れ狂う海や猛者達と戦う日々が普通なのかもしれない。

でも、グランドラインを制覇したその後の余生の方が長いんだから、必然的にそっちが普通になってくる。

 

夢=普通だ。

 

夢が破れたらどうするか?

 

そん時はそん時だ。

 

んー、なんかいま自分のいる場所=普通って意味な気もしてきたな。

やっぱりハッキリとは良く分からないや。

 

ただ、ひとつ分かった事がある。

 

こんな時間にツラツラと普通という意味を真剣に考えている俺は多分普通じゃないんだろうなー。←

 

次回、普通じゃないという事について考えます。 

普通

寝ても寝ても普通に眠気が取れない( ³ω³  ).。O

ところで、普通普通ってよく言うけど普通ってなんなんだろ?最近ずっと考えている。後でまとめよう。

とりあえずお昼寝します( ³ω³  ).。O

くそー本が読めない( ³ω³  ).。O