きっと

ざっくりとだけど人生の目標が出来た。

その瞬間、絶望に満ちていた目の前がスッと明るくなった感じがした。

崩れかけていた心が突如現れた一本の支柱に支えられてるニュアンス。

目の前が真っ暗だったり、毎日泣きそうになってた、いや泣いてたのは現実逃避とかネガティヴな方向の事しか考えれてなかったからなんだなーと実感。だって無意識に負の感情がカットインしてくるんだもの。

意外と夜は平気なんだけど仕事中がやばかった。

常に泣きそうになってて、優しい言葉かけられたら泣いてしまう状態だったんだ。

多分、俺はこんな所で何をしているんだ!って葛藤なんだろうけどね。変わりたいのに今の現状じゃ変われない自分。そんな自分に絶望で泣けてくる。みたいな。

それは生きる希望=目標が見出せていなかったからなんだよね。

という事は僕は彼女に生きる希望を感じてたのだろうね。そりゃそうか。

自分の事も満足に出来ていないのに変に2人の共存を考えていて自分の事を後回し後回しで、より疎かにしてたもんね。

彼女はそーゆー所が不安だったんだろうね。もちろん俺も不安だったんだけど、いつもいつも不安素材から目をそらしてしまってたんだよ。

彼女との共存に生きる希望を見出していたんだから、それが消えたら絶望するわな。死にたくなるわな。

 

そしてさっきまで世界が明るかったのにまた世界が突然ドス黒く歪んできたー。情緒不安定過ぎやろ俺。呼吸してるのに呼吸してる感がない。なんぞこれ。あの子もこんな気持ちなのかな?いや多分それは無いか。そこら辺の切り替え上手な子だもんな。

 

改めて問題点も確認できたぜ。28年間生きてきて気付かされる事が多いなー。